withコロナ時代に向けて会社の経営体制を大幅に変更しました!

新体制「JMモデル」
ジョイントメディアの副社長ひぃさん
ハローメルヘン!どうも!堺の妖精ことジョイントメディアの副社長ひぃさんですッ!

あwどうも!!w
早速ですが、今回は重大発表があります!!

株式会社ジョイントメディアは、令和2年6月8日から・・・










なんと!










なんとなんと!!










ででーーん(@’ω’@)b
勤務形態を弊社独自の新体制にモデルチェンジしましたおッ!!!










ジョイントメディアの副社長ひぃさん
その名も
『JMモデル』
どえす!!

※JMモデルの「JM」は、弊社の名前「Joint Media(ジョイントメディア)」の頭文字でございますwみんなもう知ってるか、、、w

withコロナ時代に突入する今だからこそ、現状の働き方を見直す時!!
会社を新たなステージへと進化させていくためにも、弊社独自の働き方改革を実施することにしましたッ!!(@’ω’@)b

それでは簡単にですが、新体制の特徴をご紹介したいと思います!!

新型コロナウイルスで働き方改革だだだ!『JMモデル』の特徴と導入の経緯!!

ひぃさん自宅環境

(ワタクシの自宅環境でございます(@’ω’@)b)

JMモデルの大きな特徴は、基本的な勤務形態がリモートワーク・テレワークに変わることなのです!

ジョイントメディアの副社長ひぃさん
新型コロナウイルスの影響で全国的にリモートワークを取り入れる企業が増え始めております!!堺のIT企業を代表して弊社でも取り入れることにしましたんご!!

“リモートワークとは”
一般的には「テレワーク」の方が言葉としては普及していると思いますが、「リモートワーク」も意味合い的にはほぼ同じ。ざっくりした説明ですが、テレワークは、在宅勤務やサテライトオフィスなどで働く場合を指す言葉で、リモートワークはオフィス以外で働く場合に使われるようです。
ITベンチャー企業では、同じプロジェクトを遠隔にいてもチームで行うと言ったニュアンスも含め、リモートワークの方をよく使う(?)ので、本記事ではリモートワークという言葉でご紹介していきます。

はじめはどの企業もリモートワークの導入には、不安があったかと思います。

色々調べたところ、いざリモートワークを導入してみたら、売り上げや業務のパフォーマンスにそこまで大きな影響が出なかったという実例も多く上がったようです!!
もちろん業種にもよると思いますがッw

ジョイントメディアの副社長ひぃさん
うちはスピードに極振りしている会社なのでそういう動きをしたら面白いよなぁ!とにかく新しいことを試していきたい!

ってことで実行してみました!!色々な不安要素もありましたがそれ以上のプラス要素の方があると思って!

現在では緊急事態宣言が解除され、不要不急の外出はまだ控える風潮にありつつも、全国的にはリモートワークから通常の出勤形態に戻って来ているようです。
そんな中、引き続きリモートワークを行うことを決めた企業も多く見られ、ニュース番組でも多く取り上げられております。

リモートワークになり出社の必要がなくなると、社員全員が入る広いオフィスが必要なくなります。
世間では完全にリモートワークへの移行を決め、新たに小さなフロアを借り直すことでオフィスの規模を縮小する会社も増えて来ているようです。

withコロナ時代に入り、いつまた大きな波が来るかもしれない状況。
弊社としても、社員の健康やご家族の安全を考慮したフレキシブルな働き方を模索した結果、リモートワークを取り入れた新しい働き方へシフトすることにしました。

それが『JMモデル』です。

では、どのような体制にモデルチェンジするのか、勤務形態の一部をご紹介します。

新体制『JMモデル』の勤務形態とは

週一回の出勤+リモートワーク

毎週月曜日(祝日等の場合は翌平日)は、AM10時に出社。
10時30分までオフィス全体を社員全員で清掃します。

その後、現在の進捗状況や今後の仕事内容等を部署やチーム間でしっかりと共有。
残った時間で週明けの対応や通常業務を行い、お昼になるとコミュニケーションを兼ねたランチ会を行います。

しかも、ランチ会以降の退社時間についての規定はありません。
各部署のリーダーの指示がない場合は、そのまま会社で作業しても自宅に帰って作業してもOK!
フレキシブルな働き方ができます。

それ以外の火曜〜金曜日については、一部の出社が必要な社員を除き、原則リモートワークを行うという感じです。

※大阪の感染者数が大幅に拡大した影響を受け、8月現在では月曜日もリモートワークに変更しています。

会議は原則オンラインで

こんな感じでオンラインでも楽しくやってます(@’ω’@)b

社員同士の会議は、基本的にZOOMやSkypeなどにてオンラインで実施!!
クライアントやお客様との商談・打ち合わせなども、可能な限りはオンライン会議にてご協力をお願いしております。

もちろんオンラインでは出来ないこともありますので、その際に出社・訪問が必要な場合には、事前の申し出と当日の検温での体調確認を行い、マスクの着用と入室時の手指のアルコール消毒を徹底するよう義務づけます。

自宅環境/各種手当のサポート

業務において、作業環境の構築は非常に重要です。
自宅環境を少しでも良くしてもらうために、普段なら持ち出しを禁止しているデバイスやディスプレイ、ケーブルなどの各種機材を一部貸し出し可能にしました!!

交通費は出社日数分のみ算出して支給になりますが、在宅勤務を補助する手当の支給を新たに追加しました。

まとめ

何度も申しますが、世間ではwithコロナ時代へと移り変わり、またいつ来るかも分からない第二波、第三波までを想定しながら働いていかなければなりません。

大阪府知事が発表した『大阪モデル』がアップデートしていくように、『JMモデル』も情勢に合わせて随時アップデート!!
より高いパフォーマンスでの業務遂行を目指し、よりフレキシブルな働き方を模索・実践していくことで、独自のモデルを構築していく次第ですです!!

最後になりましたが、お取り引き先様、新規のお客様へお願いがございます。

弊社独自の勤務形態『JMモデル』への体制変更を実施するにあたり、会社に出社している社員の人数が大幅に縮小されるため、すぐにお電話に出られないタイミングの発生が想定されます。

御用の際は、弊社の担当社員まで直接ご連絡をいただくか、 本WEBサイトの問い合わせフォームもご利用の上お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

ご不便をおかけしますこと誠に恐縮ではございますが、何卒ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

大阪府堺市にあるジョイントメディアならホームページ制作を格安で依頼出来ます