この記事はワクワクしましたか?
  • 超ワクワク! (15)
  • ワクワク! (4)
Ex:44

【HTMLとは?編】初心者向け!WEBサイト制作に最低限必要なこと!

フロントエンドエンジニアの所長です!

前回はWEBサイトやWEBページ、ホームページの言葉の意味という、割とどうでもいい内容でしたが
今回はこれが無いと始まらない【HTML】について説明します!

HTMLとは?

Hyper Text Markup Languageの頭を取ってHTMLと言います。
構造的な文書を作る為の言語です。

新聞を想像してみて下さい。

大見出し・中見出し・画像・段落など、色んな要素が存在します。
そういった構造的な文書を作るのがHTMLの役割です。
HTMLを正しく記述すれば、ブラウザが見出しや画像、段落などを認識し表現できるわけです。

WEBページを見ているときに、画像やリンク以外の場所で右クリックをしてみてください。
お使いのブラウザにもよりますが【ソースを表示】といった旨の項目があると思います。
そこをクリックすると出てくるのが、HTMLです。

ザックリとHTMLの書き方!!

上記のソースをコピーして、メモ帳に張り付けてみて下さい!
そしてindex.htmlというファイル名で保存し、ダブルクリックしてファイルを開いてみてください。

ブラウザに【WEBページに表示させたい内容】と表示されていると思います!
これも立派なWEBページです。

ここでわかるのが、<body>と</body>の間に書いたものしかブラウザ上には表示されてない。
ということ。
じゃあ、<html lang=”ja”></html>とか<head></head>、<meta ・・・>とかは何なのか?
そのあたりは追々説明するとして!
次回は【HTMLタグ】の説明をしていきます!

大阪府堺市にあるジョイントメディアならホームページ制作を格安で依頼出来ます