この記事はワクワクしましたか?
  • 超ワクワク! (43)
  • ワクワク! (4)
Ex:3,895

初心者でもわかる!SQL Server環境のインストールと基本コード理解について

こんにちは!システム事業部のレアンドロです。

SQL Serverとは、Microsoftが開発したリレーショナルデータベース管理システムです。
今回は、SQL Server 2017 Express エディションのインストールとクエリを実行してみます。

SQL Serverのインストール方法 (サーバーとクライアント)

下記の公式ウェブサイトからSQL Serverをダウンロードします。
https://www.microsoft.com/ja-jp/sql-server/sql-server-editions-express

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解1

ダウンロードが完了したら、「SQLServer2017-SSEI-Expr」のファイルを管理者として実行します。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解2

インストールの種類は下記の中からカスタム(C)を選択します。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解3

次にローカルデータベースを作るために「Express Advanced」を選択し、ダウンロードします。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解4

ダウンロードが完了したら、「SQLEXPRADV_x64_JPN」ファイルを管理者として実行します。
「SQL Server インストール センター」画面開始後、「SQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加」をクリックします。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解5

「インスタンスの構成」画面では、インスタンス名をつけることができます。
テストのローカルデータベースを作成する際は、既定のインスタンス名で大丈夫です。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解5

「データベースの構成」画面では、SQL Server認証とWindows認証を選択すると、データベースの管理者ユーザー(sa)の設定ができます。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解7

「インストールの進行状況」画面が出るまで、「次へ」ボタンをクリックするとインストール完了します。
インスタンスやデータベースエンジンのインストールを完了後、SQL Server Management Toolsをインストールします。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解8

ページ下方にある「使用できる言語」項目に日本語版をダウンロードし、前と同じように、「SSMS-Setup-JPN」ファイルを管理者として実行します。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解9

ファイル実行後、インストールボタンをクリックするとインストールします。
そして、インストール完了後、SQL Server Management Studioを開始します。

SQL Serverの基本コード(新規DBやテーブル作成)

サーバーへの接続画面を開いたら、前に作ったSQL Serverの管理者ユーザーとパスワードを入力して、ログインします。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解10

最初に新しいクエリボタンをクリックして、基本クエリを作ります。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解11

SQL Serverデータベースが日本語の文字を受け入れるには、日本語の照合設定でデータベースを作成する必要があります。
自由にデータベース名をつけることができます。短い名前や目立つような名前がお勧めです。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解12

作成したデータベースを選択します。
これから、クエリを実行したら、「mydb」が自動的に使用されます。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解13

次に、選択したデータベースに最初のテーブルを作成します。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解14

作成したテーブルの列や列型を確認できます。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解15

作成したテーブルにユーザーインサートする際は、下記のコードを参照してください。
それぞれ、順番に(name, gender, age)列の値を入力します。
※IDが自動的に生成されるため、IDを入れる必要はありません。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解16

インサートした情報を確認する場合は下記のコードを実行します。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解17

もし「gender」列に「M」か「F」以外の情報を実行すると、エラーが発生します。

初心者でもわかるSQL Serverのインストールと基本コード理解18

システムに合わせて、データベースの整合性を保証するには、データベース内のチェック属性が重要です。

まとめ

SQL Server 2017 Express エディションのインストールとクエリを実行できましたでしょうか。
この記事の指示に従って、下記のことができるようになります。

  • SQL Serverのインストール
  • インスタンス作成
  • SQL Server Studioアクセス
  • DB作成
  • テーブル作成
  • データインサート
  • データ確認

ぜひ、お試しください。

大阪府堺市にあるジョイントメディアならホームページ制作を格安で依頼出来ます