ファーストビューですべてが決まる!?効果を求めるホームページ改善ポイントとは

ファーストビューの重要性

こんにちは。
大阪府堺市のホームページ制作会社ジョイントメディアのあさとぅです。

この記事を見ている方で

「ホームページを作ったけど問い合わせがまったく来ない」

そう思っている人は多いはず。

ホームページの効果がでない原因は1つではありません。

何をどう改善すれば良いのか、方法がわからないという方に向けて

原因に1つである

ファーストビューの改善

のやり方についてお話します。

ファーストビューを改善することで、ホームページの効果が上がる理由は一体どのようなものでしょうか。

ファーストビュー改善について

ファーストビューとは

ホームページを表示させた時に最初に見える範囲。
またスクロールせずに画面に表示される部分のことを指します。

ファーストビューとは

上記図を例に上げると、WEBサイトの縦長のページの赤枠部分がファーストビューになります。
パソコンとスマートフォンのファーストビューの見え方も上記のようになります。

ファーストビューを改善する理由

男女関わらず初対面で一目惚れをした経験は誰もがあるでしょう。

WEBサイトに初めて訪れたユーザーに他のページまでしっかり見てもらう為には、同様の体験を与える必要があります。

ファーストビュー改善理由

よく言われるのは、

第一印象は3秒で決まる!

いろいろなホームページを見ていると

「このサイトかっこいい!」
「オシャレやな~!」

と思うホームページはたくさんあります。

そう思えるポイントとして

・デザインがお洒落
・写真がキレイ
・動きが斬新

などが挙げられます。

確かに上記の要素が揃っていれば第一印象はよいです。

あさとぅ
ただ効果がでるかは別です。
ファーストビュー改善効果

第一印象を決めるその3秒間に

「知りたい情報がありそう」
「もっと見てみたい」

って思ってもらえるかが重要になってきます。

もしホームページを見たユーザーが

「何か思っていたのとは違う」
「求めている情報がなさそう」

と感じてしまうとユーザーはホームページから離れていきます。

あなたも同様の経験があるはずです。

そうならない為にも、ファーストビューの改善はとても重要なんです!

ファーストビュー改善について

ファーストビュー改善のメリット

ファーストビューを改善することでユーザーの動きが変わります。

もっと見てみたいと感じれば、
自然と閲覧するページ数は増えます。

閲覧するページ数が増えれば、
より情報を伝えられます。

より情報を伝えられれば、
より興味をもってもらえます。

より興味をもってもらえれば、
問い合わせに繋がります!

問い合わせに繋がります

直帰率、離脱率、滞在時間が改善されれば、ホームページの効果改善に繋がります。

改善するメリットを理屈ではわかっていても、どう改善すればよいかわからないもの。

あさとぅ
ファーストビュー改善する為に、何を意識すべきでしょうか。

ファーストビュー改善ポイント

改善する上で意識すべき大切なポイントを、主に野菜を扱う食品加工会社のホームページを例に上げて説明します。

目的は「BtoBでの受注依頼アップ」です。

方向性の明確化

まず訪れたユーザーが求めていたサイトだと認識させることが重要です。

アクセスして最初のわずか3秒で

「読む」「読まない」かを決められます。

ファーストビュー改善

読んでもらう為にターゲット層を決め、求めていると想定する情報を最初の3秒でわかるように改善しましょう。

BtoBでの受注依頼アップを目的とする食品加工会社のホームページの場合、

ターゲットユーザーは企業の担当者です。

その担当者が知りたい情報は「会社概要」「製造設備」を含めた

「何ができるか」だと思います。

それなのにホームページの一番目立つ場所にその情報がないと

「この会社には受注を依頼できない」と判断されてしまします。

受注依頼できない

配色選定も含め、ターゲットユーザーが求めている情報を整理することは重要な改善ポイントです。

キャッチコピー

ユーザーがWEBサイトを通して共感してもらえるメッセージを短い言葉で伝える必要があります。

ポイントはユーザーが抱えている問題や求めている情報が何かを考えることが重要です。

食品加工会社へ受注依頼するユーザーに対して

「明日への未来を~」のような抽象的な表現はダメではないですが、一見何の会社かわかりにくいです。

抽象的な表現ではわからない

極端な例ですが、「私たちは食品加工の会社です」と書いてあればユーザーは一目でわかります。

あさとぅ
まず「伝える」ことを意識し改善しましょう!

画像の選定

長々と文章を並べるより写真は瞬時にメッセージを伝える効果があります。

キャッチコピーの内容をイメージさせる画像選定が大事です。

ここでもターゲットユーザーが求めているものは何かを考えることが大切です。

食品加工会社であれば、「商品」「製造工場」「働く人」などが挙げられます。

それ以外にも野菜の清潔感ある画像や食卓にならぶ野菜食品の画像なんかも企業ブランディングとしてはいいと思います。

画像の選定

画像選定は、ホームページ全体の印象を変えます。

あさとぅ
ターゲット層が求めるものを画像で表現し改善しましょう!

強み・特徴・実績を明確に

ターゲットユーザーがホームページから問い合わせを行う上で、後押ししてくれるのが強み・特徴・実績です。

・業界〇位!
・年間売上〇〇!
・創業〇〇年!

などの強み・特徴・実績は、情報量が多過ぎてゴチャゴチャしない範囲でアピールしましょう!

強み・特徴・実績を明確に
あさとぅ
お問い合わせするキッカケにもなります!

導線を作る

まずユーザーに対してファーストビューからどのうような行動をしてほしいのかを考えます。

問い合わせへと誘導したい場合は、問い合わせボタンの配置が大切になります。

ターゲットユーザーが受注依頼の問い合わせをしようと思う箇所はどこでしょうか?

食品加工会社のホームページであれば、製造工程、商品紹介、会社概要のページに問い合わせへの導線があったほうがより親切でしょう。

メニューを固定してお問い合わせボタンを常に表示させているサイトもよく目にします。

導線を作る

アクセスしてきたユーザーに

「何を伝えたいか」
「最終的にどのような行動をとってほしいか」

あさとぅ
この2点を考え導線を改善しましょう!

ファーストビューの見せ方

最後に、一般的に多く活用されているファーストビューの見せ方をご紹介します。

動画

動きがありユーザーの目線を引きつける効果があります。
写真や言葉より具体的にイメージを伝えれることが大きなメリットです。

ファーストビューの重要性

笑顔溢れるドッジボール大会実行委員会

写真

伝えたいメッセージがより伝わりやすくなります。
数枚の写真をスライドさせて見せる方法もよく使われていますね。

星のや

星のや

イラスト

独自の世界観を演出でき魅力を伝えれる効果があります。

株式会社ディンプス 採用サイト

株式会社ディンプス 採用サイト

アニメーション

写真や文字の背景を動かしたりして印象をより強く与える効果があります。

株式会社GA technologies

株式会社GA technologies

キャッチコピー

伝えたいメッセージを強調させることで、写真や動画など以上にインパクトを与えこともあります。
その場合、比較的シンプルなデザインが多いです。

株式会社マッチングエージェント

株式会社マッチングエージェント

まとめ

いかがでしたか?

いろいろなファーストビューがあり、伝え方も伝わり方も工夫次第で大きく変わることがよくわかりましたでしょうか。

どのようなファーストビューでも共通して言える大切なことは、

あさとぅ
ユーザーの目線に立って考えること。

そして自社の商品やサービスの良さを伝える為には、まず自社のことをよく知る必要があるということです。

ファーストビュー改善まとめ

ジョイントメディアが求めるホームページは、ただ作るだけではなく効果を求めるホームページです。

特に強みであるSEO対策で特定のワードで検索順位の改善も行えます!

検索順位が上位にくればアクセスも上がり、今回ご紹介したファーストビュー改善の効果も倍増します!

検索順位による売上効果グラフ

※注意 上記の表記はあくまで効果のイメージであり、数値が異なる場合があります。

このデータからわかるように

いくら良い商品を扱っていても

いくら良いサービスを提供していても

知ってもらえる手段がなければ効果は期待できません。

改善したファーストビューをさらに価値あるものにしませんか?

・料金の相場を知りたい
・見積もりだけでも相談したい
・とりあえず打ち合わせだけでもいいの?

どのような内容でも構いません!

お客様の今の状況をヒアリングさせていただき、最適な提案をさせていただきます。

あさとぅ
ホームページの効果を求める方は是非一度ジョイントメディアにご相談ください!

お問い合わせはコチラ

▼SEO対策サービスについてもっと知りたい方はコチラの記事をどうぞ!
SEO対策でホームページの検索順位を上げる為に必要なこと

大阪府堺市にあるジョイントメディアならホームページ制作を格安で依頼出来ます