堺市の確実に検索上位に入る次世代SEO対策ならジョイントメディア 大阪府堺市

堺市でSEO対策するならジョイントメディア

御社のホームページ!SEO対策で集客出来ていますか?

ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
ホームページを持っているのに、お問い合わせが0件ということはありませんか?

集客が出来ていないなら、それはGoogle検索で上位に表示できていないからです。

SEO対策をしてGoogleの検索順位を上げると…

仕事の受注 UP↑
求人の問い合わせ UP↑
ブランディング力 UP↑

仕事の依頼だけでなく、

求人の応募が増えたり、

会社の認知度が上がったり、

商品やサービスのブランディングができたり、

SEO対策をすることで、得られるメリットはとても大きいです。

しかし、上位に表示されていなければ、その効果も得られません。

【お悩み解決】まずは自分のWEBサイトの検索順位をチェックしてみましょう!!

堺市SEO業者オススメ
ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
例えば企業ホームページなら「地域 職種」などで検索した時に何位にいますでしょうか?

お問い合わせの連絡がこないのは、そもそも検索順位に引っかかっていない事が多いです。

5年前や10年前以上のサイトは、そういった対策をされていないことが多いので、なかなか検索順位にヒットしません。

ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
検索結果のどこにもいなければ、今あるホームページは全く意味がありませんよ、、、涙

検索で表示されない理由は1つ1つのページに問題がある可能性があります。

SEO視点での問題とは?

SEO対策(検索順位)というのは、相対的な順位です。

仮に、わかりやすく順位付けする値があるとします。

ライバルの順位を位置付ける値が「100」だとして、

御社のサイトの順位を位置付ける値が「80」なら、

御社のサイトはライバルに負けます。

ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
極端な言い方をすれば、上位表示をするということは、順位を位置付ける値で負けなければいいという話になります。

検索順位で負ける理由とは?

SEO検索で負ける理由とは?

ライバルに負けている場合、ホームページへの評価が足りないか、

ホームページに検索する人が求める情報が無いか、

またはその両方が原因です。

(実際にはキーワード毎にたくさんの細かいチェック項目があります)

ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
堺市で店舗運営や集客をするホームページでもそれは同じです。

御社がもし、検索順位で負けたくない!勝ちたい!と思うならば、ライバルに負けない情報量とライバルに負けないサイトの評価が必要という事になります。

単純な話、ライバルサイトよりも見やすいわかりやすい、知りたい事が書いてあるという面で勝てばいいのです。

検索ユーザーの為のSEOサイト設計が大事

検索順位を上げるというのは、たくさんの人に見てもらえるための準備をしておく事。

そしてその準備というのがサイトの設計であり、個別ページの情報の質と量です。

例えば、トマトの説明を知りたい人に、レタスの説明はいりません。

ですが、トマトとレタスを使ったサラダのページがあれば、見たいと思わせるページになるかもしれません。

そして、見たいかどうかは検索ユーザーが決める事です。

サイトの設計をするときに誰に向けて伝えるのかも大事

見たいと思わせるページを作るにあたり、

サラダのページを作れば見てもらえるかもしれない

とお伝え致しましたが、

サラダを紹介するサイトに、トマトの起源などトマトの情報は求められません。

なぜならば、

サラダの事が知りたいだけで、トマトの事を知りたいわけではありません。

ですが、まったく離れているわけでもありません。

ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
もう一つ例をあげてみます。

価格ドットコムという会社のサイトはご存知でしょうか?

こちらではパソコンの販売から、腕時計やアクセサリーも販売しています。

パソコンと、腕時計やアクセサリーは関連しているでしょうか?

存在情報という意味で言えば、関連していません。

ですが、人によっては、パソコンにも、腕時計にも興味を持っている人はいますよね?

当たり前ですが、パソコンにも腕時計にも興味を持っている人に、

パソコンの事を伝えたら興味持たれますよね?

その人に、腕時計の事を伝えても興味持たれますよね?

パソコンにも、腕時計にも興味を持っている人ですから。

ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
つまり、結局は人によるわけです。

御社が上位表示したいキーワ―ドでは誰に向けて何を伝えたいですか?

人によると言ったものの、そもそも上位表示したいキーワ―ドに対して、

伝えるべき情報を掲載できていますか?

その為の情報が何か把握が出来ていますか?

そもそもが間違っていては、評価も得られません。

今、上位表示しているライバルサイトは、過去にその評価を積み上げてきているわけです。

あんなサイトがうちのサイトより上位表示なんて・・・

ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
はい。それも積み上げがあるからと言えます。
(もちろん例外もありますがここでは割愛致します。)

積み上げが出来ていない、つまりそれは旧世代のホームページです。

ジョイントメディアなら御社のサイトに何が必要なのかをお伝え出来ます。

御社のサイトへ評価の積み上げを促す事ができます。

だから上位表示が可能になります。

さらに、ジョイントメディアの次世代ホームページなら、24時間活動するAI(人工知能)営業マンとなり365日働いてくれます。

自社ホームページがずっと働いてくれる形を作ります

堺市で安くSEO対策をするならジョイントメディア
ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
スマートフォンで自サイトを見た時に綺麗にみえていますか?これも検索順位に関わる大事な部分なのです!

大事なのは、SEO対策+次世代型ホームページ

そして、スマートフォンに最適化された作り。

ここをクリアしていないサイトは、今の時代にあっていません!
放置しているホームページは、検索順位がどんどん下がっていきます。
そうなってしまえば、完全に意味のないものになってしまいます。

そうならないためにも、必要な次世代型のAIホームページとSEO対策に力を入れましょう!!

ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
もう新規開拓営業は必要ありません!それに対しての人件費も必要ありませんよ!!
すべて自社のホームページが働いてくれるからです!

他のSEO業者との違い&実績

ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
まずジョイントメディアは、ホームページの企画力とSEO対策力に自信をもっています!!
そして新技術によって、他社よりも安い価格で提案できるのが相当な強みなのです!!
SEOで検索上位を目指すならジョイントメディア
ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
ジョイントメディアは新技術があるため、お安くSEO対策+質の良いホームページ制作ができるのでございます!(自信満々)

実感してみてください!!

堺市の安くて早いオススメSEO業者
ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
弊社は、御社にあった検索ワードの1枚目に自社ホームページをヒットさせることができます!
この時のお問い合わせの量、電話の回数に驚きを感じてみてください!!
必須お名前

必須メールアドレス

任意件名

必須お問い合わせ内容

プライバシーポリシー」をお読みいただき、同意にチェックし確認画面へお進みください。

内容の確認後、担当者よりご連絡をさせていただきます。

SEO対策まとめ

ウェブマスター向けのガイドラインが大事です!

2019年以降、SEO対策は必ずホームページ制作に必要なものになります!

その理由は、スマートフォンの普及です。

現在人口の80%が、スマートフォンを持っていると言われています。

だれもがインターネット検索をする時代となりました。

これはつまり、自社のホームページを見てもらえる機会が増えたということです!

というか!!!!見てもらうことが可能なのです!!

SEO対策で検索順位を上げる為に

検索エンジンで1番シェアが高いGoogle。

そのGoogleの検索結果で、上位に表示される為に意識すべき基本的なことってなんでしょうか。

Googleは「ユーザーにとって有益な情報を提供する」ことが使命です。

ですので、偽りの情報、不正行為などのサイトは評価されません。

ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
しっかりとユーザー目線のホームページを準備しましょう!

SEO対策でその地域の1番になろう!

冒頭でお話したように自分のWEBサイトを「地域 職種」で検索してみましょう!

何ページ目の何位にいますか?

検索結果で1位になれば冒頭でお伝えしたメリットが生まれます!

何も変化がなければ、それはホームページに原因があるということです。

一度、「堺市 ホームページ制作」で検索してみてください!

堺市の数ある制作会社の中でも、ジョイントメディアは何位に付けているでしょうか!?

ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
ホームページ制作、SEO対策に関してお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください!

次世代ホームページ制作とは

堺市でSEO対策するならジョイントメディア
ジョイントメディアの統括営業部あさとぅ
堺市にあるジョイントメディアのホームページ制作について、もっと知りたい方はこちらをどうぞ!

次世代ホームページ制作について